自分の身体を知る


昨夜は

齋藤さんと

「4スタンス理論」を勉強してきました。
ゴルフ、野球などアスリートの世界ではすでに取り入れられている4スタンス
人間の身体は
大きく分けて
A1:つま先重心  閉じタイプ
A2:つま先重心  開きタイプ
B1:かかと重心  閉じタイプ
B2:かかと重心  開きタイプ
の4タイプに分かれており
タイプごとに身体の軸となる場所、可動域に違いがあるというお話なのですが・・・
決して
ネイリストを辞めて、アスリートになろうと言う訳ではございません  笑
では、なぜ今回
齋藤さんとこのお勉強をしに行ったかといいますと
私達ネイリストに限らず、美容師、エステティシャンなど技術職は
肩こり、腰痛、腱鞘炎などの
いわゆる職業病と言われる身体的トラブルがツキもの
私も、腰痛や肩こりは慢性化しており
コルセットとボルタレンテープが手放せません
トラブルなく健康に、このお仕事を長く続ける為に
自分の身体の特性を是非知っておきたいなと受講した4スタンス
まずは自分自身が何タイプなのかを診断して頂きました
私は  B1タイプ
齋藤さんは  B2タイプ
でした。
かかと重心なのは一緒ですが
1か2では
内側、外側の可動域
さらに軸となる指、体の向き等が
不思議な事に真逆になります
普段、サロンワークやスクールでの技術指導で
「なぜこの指で支えられないんだろう??」
「こうやって持った方がいいのに??」
「真っ直ぐに座った方がいいのに、なんで斜めに座っちゃうんだろう??
など、なかなか思う様に伝わらず歯がゆかったのですが
そもそも可動域や軸となる部分が違うタイプの人に
私と同じ動きをさせる事自体が
とても身体に負担がかかるなんて思ってもみなかったです(>_<)
私自身も自分の軸を外すと
体に負担がかかってしまう
逆に
自分にとって正しい位置に軸を意識すると
よりパフォーマンスが上がるのです
それはもう
目からウロコでした
と、同時に
齋藤さん、今までいっぱい怒って
すみませんでしたぁ(つД`)ノ
って感じでした(>_<)笑
いや~
この瞬間の齋藤さんのドヤ顔は一生忘ません 笑
うん、本当に
行ってよかった(>_<)
技術向上の為の近道であったり
これまでになかったアプローチの仕方での指導方法
技術者が
自分自身の身体を知るって、とっても大事な事だなぁと思いました


ご予約はこちらからどうぞ

ご予約はお電話またはウェブ予約をご利用ください。
【営業時間】am9:00~pm18:00(最終受付pm17:00)
【定休日】祝祭日

※ご予約の際は、こちらのキャンセルポリシーをご確認ください。
ご予約されました方は、キャンセルポリシーに同意したものとさせていただきます。

電話予約025-247-6788

ウェブ予約はこちらから